BELeBEL

卒業生インタビュー

Interview
ベルェベル神戸校美容科卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

美容科Hairstylist

卒業生_二星さん

二星むつみさん(2011年卒業)

ベルェベル卒業後に東京で就職。その後出身地である神戸に戻り、MUSEUMに入社。2015年スタイリストデビュー。


スタイリストデビューの喜びと責任感を忘れずに。

現在、スタイリストとして神戸のヘアサロンに勤務しています。お客様とのコミュニケーションを重ね、提供したスタイルを喜んでいただけたときはやりがいを感じますね。これまでの仕事で忘れられないのは、やはりスタイリストデビューした時のこと。4年間のアシスタント時代を乗り越え、美容師として新たなスタートを切れた瞬間の喜びと責任感をもち続けるよう心がけています。アシスタント期間が長いと思うこともありましたが、コミュニケーション力が養われ、お客様の要望への理解も深められたいい時間だったと思います。スタイリストになって初めてのお客様には今でも指名をいただいており、自分を認めていただけていることがうれしいですね。

 

ベルェベルでは、グループのリーダーを務めていました。コンテストに向けて、仲間と助け合いながら練習したことで、チームワークの大切さを学びました。それは現在のサロンワークにも大いに生かされています。アシスタント時代、自分の技術が足りず、悔しくて、実際に何度か「辞めたい」と言ったことがあります。しかし、そのたびにオーナーが「できるようになったら楽しいから」と言葉をかけてくださり、最終的には「負けたくない」と、自分を奮い立たせてきました。スタッフ、家族、ベルェベル時代の仲間の支えのおかげで、今はこの仕事が心から楽しいと思っています。

 

理想は、1人ひとりのお客様に対して、人生を通してヘアスタイルをつくってあげられるスタイリストになること。またお客様のニーズをつかんだスタイルや、自分の発信したいスタイルを次々につくっていきたいですね。こんなにたくさんの人に出会い、密接に関われる仕事は他にないと思います。必要なのは、「必ずスタイリストになる」という強い気持ちをもち続けること。不器用でも、練習量とコミュニケーション力でカバーできます。どれだけ頑張るかで、未来は大きく変わりますよ。

ph_05

塚田 藍子さん(2007年卒業)

関西で人気のサロン「MASHU」スタイリスト。チーフとして後輩の指導やスタイル撮影にも取り組んでいる。
MaruQuee de mashu http://www.mashu.jp/


先生の親身なアドバイスが私の美容師ストーリーの始まり

幼い頃、ヘアサロンで髪を切った時に、髪型だけでなく心も幸せに変えられる美容師という仕事に憧れを抱きました。舞台メイクや衣裳にも興味を持っていたので、その二つの希望を同時にかなえられるのは美容に関わることだと考え、美容専門学校へ。

 

入学のきっかけは、オープンキャンパスでした。メイクにも興味があった私に、美容師としてメイクを学んでおくことで広がる可能性や活躍の場について、丁寧に教えていただいたことは、今でも感謝するばかり。驚いたのは、美容に対して熱い先生と生徒ばかりだということ。美容師国家試験の決起大会をはじめ、たくさんのイベントが用意されている点も、技術力とモチベーションの両方を高めてくれました。

 

向上心の強い仲間たちに刺激され、授業外でも進んでサロン見学へ出向くなど、前向きに活動できた気がします。そして運命を感じたのが、現在の勤務先であるMASHUでした。MASHUは社内の風通しがよく、スタッフ間の仲間意識が高いところがベルェベルに近いです。

 

現在は日々のサロンワーク以外にも、チーフとしてスタッフを統括したり、クリエイティブチームの一員として撮影に臨んだりして、充実しています。今後は昔からの夢である舞台のヘアメイクをはじめ、外部活動にも積極的に参加し、MASHUに還元できたらと思っています。

ob_morikami

森上峰行さん(2007年卒業)

表参道の有名サロンU-REALM omotesandoのスタイリスト。女優やモデル、タレントのヘアも担当するなど多方面で活躍。色気とオシャレ感をMIXしたスタイルをつくるのが得意。
U-REALM omotesando http://u-realm.com/


色々な人に出会える楽しさ、この仕事は天職

この仕事に就いて今年で8年になりますが、卒業後、東京に出てくるのに迷いはありませんでした。働くなら、流行の最先端である場所で頑張りたいと思ったんです。最初はこの世界で働くこと自体に少し不安がありました。先輩との上下関係が厳しかったり、競争の激しい世界なのかと…。でもいざ働き始めたらそんなこともなく、楽しい職場でした(笑)。

一番のやり甲斐は、仕事を通じていろいろな人と出会えることです。特にお客さまが喜んでくれたり、また新しい人を紹介して下さった時に、僕を信頼してくれているんだって実感します。

表参道は美容室の数も多く激戦区なので、集客に力を入れていかないといけません。休日に作品撮りをしてHPやSNSでアピールをして、少しでも自分のことを知ってもらうことが必要なんです。でもそれにより忙しくて少し休日が減ってもあまり気になりませんし、楽しめています(笑)。

まだぼんやりとした部分もありますが、夢はいつか地元と東京に自分の店を開くこと。東京と兵庫を往復して、自分なりのお店づくりを展開できればうれしいかなって、今はそう感じています。

og_saitou

齋藤 里緒菜さん(2014年卒業)

神戸の大人女子向けブランドサロン「CHEST 姫路店」にてアシスタント業務を中心に活動。ベルェベル在学中は学内ショーのモデルも務める。入社後すぐにシャンプーの指名を複数持つなど躍進中。
CHEST 姫路店 http://www.chest.co.jp/salon_03.html


ひとつひとつ丁寧に対応してお客さまの満足度に貢献したい

私は今アシスタント業務を中心に活動していて、シャンプーやアシスタント業務がメインなんです。だからお客さまが快適に過ごせるよう、カラーの待ち時間にお茶をお出しして、時間のある時はハンドマッサージやメイク直しをして差し上げます。店が忙しい時はバタつくので、いつもお客さま目線で仕事をすることや、どんな時でも笑顔を忘れないように心がけています。

店にはいろいろなお客さまが来られるし、できる限り自分から話しかけるように頑張ります。人と話すことも結構好きですね。だから話題は豊富にしておかないと会話が途切れてしまうので、朝のニュースを見たりして、今では随分と自分なりにコミュニケーションがとれるようになってきました。

うれしかった事は、自分がいない時に「あの子のシャンプーよかったよ」と、お客さまが直接スタイリストに伝えてくれていた時です。部分的にしか携われていないけど、きちんと満足してもらえたことが感じられました。あとは新しい技術が身について現場に入れた時の喜びですね。周りにきちんとスキルを認めてもらえることは、すごくうれしいです。

今感じるのは、実際に働いてみると明確なビジョンが見えてくるということです。スタイリストになるためには、アシスタント時代から計画を立ててコツコツ練習していかないといけません。今後はレッスンに励んで、スタイリストデビューを目指したいですね。